仕事でセンス悪い人と良い人の特徴5つ

職場にセンス悪い人が居ます。

服がダサいとかじゃなくて、仕事のセンスです。

逆にセンスの良い人も居ます。

このセンスの差で、同じ業務を任せてもアウトプットの質や成功率が全然ちがったり、同じ指導をしても成長の度合いに大きな差がでたりします。

なかなか改善が難しいセンスですが、悪い人/良い人での差を比較してみます。

センスの悪い人とセンスの良い人

目線

センスの悪い人は、自分の目線でしか考えない。

つくる資料も折衝ごとも自分目線。なので相手の心に届かず「この人じゃ話が通じない」となって上司のサポートが必要になります。

センスの良い人は、相手がどう思うかを考える。

自分の提案や依頼に対して相手の立場だと何がうれしくて何が困るのか?を考えて資料や言い回しを構成します。

思考パターン

センスの悪い人は、「できない理由」を考える。

任せられた仕事に対し、なぜできないかの説明がアウトプットとして出てきます。

センスの良い人は、「どうしたらできるか?」を考える。

課題を前に進むための言葉に置き換えて向き合うことで、打開策を考えることができます。

工夫

センスの悪い人は、複雑な仕事を複雑なまま処理する。

処理に時間がかかるし、ミスも多いです。

センスの良い人は、複雑な仕事をできるだけ簡略化して着手する。

着手するときに考える手間はありますが、ほぼ確実にトータルでは得できます。

目的

センスの悪い人は、任されたタスクの目的を忘れる。

タスクを処理すること(指示者にokもらうこと)が目的になっており、本来の目的からズレたアウトプットになることが多いです。

センスの良い人は、目的達成に向けてタスク内容を修正しながらアウトプットを仕上げる。

結論

センスの悪い人は、結論が曖昧で整理しない。

日記のような話し方や資料構成で、やったこと・感じたことが延々と続きます。聞く側は「で、何?」ってなります。

センスの良い人は、結論を最初(または最後)に明示する。

過程はあくまで結論を際立たせるための補足として用います。

センスの悪い人には細かい指示が必要

私の経験だとセンスの悪い人に対してセンスの改善を試みても、成果の期待は難しいです。

センスが悪いと、少しづつゴールからズレた進捗となってしまう可能性が高く、本人にとっても組織にとっても不幸につながります。

指示しきれない細かいところでの判断を誤ることでズレていくので、報連相をマメに行うことでのカバーが必要です。

報連相する側もされる側も手間ですが、怠ることは難しいわけです。

そもそも、

センス悪いということは、その人と仕事の適正があっていない可能性が高いです。

そのため配置換えが有効な改善策になり得ます。

本人のためにも組織のためにも、前向きな配置換えで適正を活かすということも、もっと柔軟に検討した方が良いのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました