職場でイライラしないための3つの方法

主に人間関係においてのストレスが対象です。

イライラはできるだけ回避したいものです。

周囲との関係も悪循環となり業務トラブルにも繋がりますし、禿げます。

ということで、どうすればイライラしないで済むか?ということですが、

①期待しない

②備えておく

③想定しておく

といったことに尽きます。

どれだけ相手に非があっても、相手が悪くても、それは議論の対象にはすべきですが我々がイライラする必要はないわけです。

イライラしたところで相手は逆ギレするか萎縮するかで、解決に向けては遠回りになります。さらに自分が禿げます。損ですね。

イライラの原因は「自分の期待値とのギャップ」であることがほとんどだと思います。少なくとも私はそうです。

そして、

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる

カナダの精神科医 エリック・バーン

という前提があるわけです。

この前提を忘れ、イライラの対象である相手を正そうとしても、好ましい成果には繋がらず、また更にイライラすることになるわけです。

ですので、自分をイライラしないようにアップデートする方が現実的で効果的ということになります。

①期待しない

他人に依頼したことが、自分の期待通りで遂行してもらえることは無いです。

他人は自分ではないので、どれだけ丁寧に依頼したところで認識のギャップは生まれます。

性格や趣向やスキルや人脈も異なるので、「自分ならこうする」の通りを相手に求めるのはナンセンスです。

せいぜい50点くらいの精度で遂行してもらえれば良いくらいに、相手への期待値を「意図的に」下げて構えておくと、イライラしなくて済みます。

②備えておく

他人に任せたことが上手く進まない可能性が高いことを理解すれば、先回りして対策することができます。

期日に余裕をとって軌道修正できるようにするとか、別案を他の人に依頼しておくとか、相手の上司にフォローをお願いしておくとか、、、

備えあればイライラ無しです。

③想定しておく

とはいえ、有効な備えを準備できない場合もあります。

その場合でも「せいぜい50点」どころか相手によっては「どうせ0点」とか、想定(というか覚悟)しておくだけでもイライラは低減できます。

さらにスルーできれば更に良いかと思います。

『スルー力を鍛える』なら日頃からの妄想
『スルー力』は重要なステータスですよね。まほうぼうぎょ力といったところでしょうか。ストレス社会というラストダンジョンでは、「じょうし」や「こきゃく」といった強敵が出現し、「きれいごと」とか「おきゃくさまだからカミサマです」...

こんなことしなくても、そもそもイライラしない「聖人スキル」をお持ちの方も居ますが、それは先天的なもので習得は難しいと思います。

凡人な私の場合、こんな感じでイライラ回避してます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました