【人材育成の課題】小学生の授業参観から学ぶ

部下をもつ立場となると、人材育成が必要になってきますよね。

この育成というのが、自分で業務をこなすよりも厄介というか難しいわけで、悩ましかったりします。

そんな中、長男ちゃんが小学1年生となったことで、授業参観にデビューしてきました。

会社での人材育成と比べてしまったりしたわけです。

学校は人材育成の国家プロジェクト版

先生が教えるプロなのはもちろんですが、教科書だってプロ集団が作ったマニュアルです。

6年間の教育配分から1週間の時間割への落とし込みといった、長期の学習計画も練り上げられてます。

学校の授業には、莫大な予算と時間が、掛けられているんですね。

そんな学校による人材育成でも、優秀に成長する子と、そうでない子が出てきます。

それに対し、会社の人材育成なんてショボイものです。

本業の片手間で素人先生(先輩)が、分かりにくいマニュアル(あれば良いほう)で教えるわけです。

会社のOJTくらいで、優秀な人が育つ確率なんて、低くて当然のように思います。

いろいろな授業態度の子がいる

まだ入学して2ヶ月のクラスですが、みんな個性的です。

  1. 積極的に手を挙げて元気に答える子
  2. 先生の授業をよく聞き、分からなければ質問する子
  3. 黙々と授業に参加する子
  4. 明らかに授業に遅れ始めている子
  5. 授業に興味がなく、終わるのを待ってる子

なんか、会社の人たちの業務態度も、こんな感じに分類されてませんか。

全員を人材育成するのは、非現実的です。

誰を育成するか

1人で同時期にOJTで人材育成できるのは、せいぜい2人か3人だと思います。

  1. 積極的に手を挙げて元気に答える子
  2. 先生の授業をよく聞き、分からなければ質問する子

のタイプの子は、仕事の手順さえ教えれば、必要な知識やノウハウ的なところは自分で習得します。

問題は↓のタイプ

  • 3. 黙々と授業に参加する子
  • 4. 明らかに授業に遅れ始めている子
  • 5. 授業に興味がなく、終わるのを待ってる子

大人で5の人は、おそらく矯正困難ですので、あきらめて異動の機会を探るのが○かと。

あとは3~4ですが、おそらく育てる労力に対し、成長のリターンが少ない人が多いのが現実です。

育てる側としては、低めに設定したつもりの期待に、あっさり答えてくれず、イライラがつきまとう可能性が高いです。

国家プロジェクトの学校ですら、満足な成長ができないタイプなわけですから、仕方がないです。

やる気はあるものの、要領が悪く、教わったことを自分の知恵として習得できない人たち。

その人の適正と職種がマッチしてないのかもしれません。

よって、3~4の中で育つ可能性が高い人に注力したいわけです。

そのためにも上司側は部下を日々観察し、見極めておかないと、徒労に終わる人材育成となってしまいます。

モチベーションを高めさせて自分で学ばせる

結局のところ、この領域にさせることが、人材育成で必要なことなのかと思います。

そのためにも、スモールゴールを設定して成功体験を積ませるとか、それを評価したり感謝したりといったことが重要です。

孤独感はモチベーションを蝕みますので。

必要な知識やノウハウは、OJTで押し付けても、あまり吸収してくれません。

自分で必要とか面白いと思ったとき、その時に教わるとか、調べるとかすることで、知識として習得できるものです。

そういった誘導が、人材育成の根本ではないかと。

育成に掛けられる時間が限られているのが会社の現実ですから、割りきりも含め効率的にやりたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました