会社で評価が低い人の見直しポイント

会社でがんばっているのに評価されない

努力しているのに評価が低く、不公平を感じている人も、多いのではないでしょうか。

不満に思っていても仕方がないので、評価アップに向けた見直しポイントを挙げてみます。

上司の困りごとに耳を傾けているか

一般的な会社では上の階層ほど、その上の上司からのプレッシャーが厳しくなってきます。上司って意外と孤独感と戦ってます。ため息混じりの独り言に、できれば反応し、手伝えることは申し出てあげると良いです。「パソコン調子悪い」と言ってれば、「事務の部署に連絡しましょうか?」とか、雑用でも十分です。

どうしたらいいですか?が多くないか

報連相でこのような文言の場合、それは自分の考えが無い状態です。

少しは自分で考えてほしい···と思われている可能性あり、評価は下がります。

○○するのが良いと考えますがどうでしょうか?といった相談ができる人は、評価されます。

野党になっていないか

チームが進めようとしていることに対し、批評や心配ばかりしていても、業務は前に進みません。どんなに一生懸命に考えたとしても、結論が「それでは不足と思います」だと、業務は前に進みません。具体案がほしいです。限られたリソースの中で最善策を具体化し、推進することが必要です。

具体的にどうするかという、与党の目線で思考し、周囲に発信できる人は、評価も上がってきます。

できない理由ばかり報告していないか

どうしたらできるか?を考え、報告した方が評価されます。

上司として業務をお願いしているということは、ゴールまでやりきってほしいとい思いがあります。何らかの目的と理由があって業務とゴールが設定されるわけで、未達成は困るものです。

とはいえ、万事うまくいってゴール達成するケースは意外と少ないです。何らかの想定外が発生するものです。その際、「想定外があったのでゴールできない理由」を並べられても、上司としては何とかすること考えなければならないわけです。

無愛想になってないか

ほとんどの上司は、明るい部下の方が付き合いやすいです。元気もあった方が良いです。無愛想な部下と仕事をするということは、それだけで上司はエネルギーを使うわけです。上司をどれだけ楽させたかが、成果です。同じアウトプットでも、業務の過程で明るく元気に振る舞えていた方が、評価は高いのが実態です。

「言葉尻だけでも笑顔を見せる」、「口調を少し明るくする」といった簡単なところから演技するくらいで効果あります。

面倒と思われる言動をしていないか

会社は指示系統に従って、それぞれの人が業務のゴールを達成することで、収益の最大化を目指します。

上司から分配される業務をこなす過程で面倒と思われるということは、この会社の仕組みに反していることになります。ので、どうしても会社での評価も残念なものになっていくわけです。

「どうしたらいいですか?」⇒いちいち全部考えてあげるの面倒

「否定ばかり」⇒具体案も考えないやつを説得するの面倒

「なんか機嫌悪そう」⇒コイツの機嫌とるの面倒

といった感じです。

ちょっとした振る舞いや癖で、損をしている可能性があるということです。簡単にできそうなところから、改善してみるのが良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました