【メール実例】打合せ依頼~セッティング の3ステップ

慣れるまでは意外と時間をとってしまう打合せの主催。

メールでスマートに完了したいところです。

大まかな流れ

  1. 導入&都合伺い(候補日時の提示)
  2. 都合の集約
  3. 開催案内

では実例です。

①導入&都合伺い(候補日時の提示)

件名:●●課題の件

お世話になります。

表記について、認識合わせ&今後の方針について、打合せさせていただきたいです。

以下ご都合いかがでしょうか。

  1. 5/10(月)PM1:00~
  2. 5/10(月)PM3:00~
  3. 5/12(水)AM10:00~

ご多用のところ恐縮ですが、返信のほど、お願いいたします。

②都合の集約

都合の返信を集約

(1人くらいは返信くれないこと多いです。電話し、皆さんの都合からこの日にしたい・・・といった感じで刈取りましょう。)

③開催案内

件名:Re:●●課題の件

ご都合の連絡ありがとうございます。

2. 5/10(月)PM3:00~

@会議室A(ウェブ会議なら接続先)

にて、お願いいたします。

アウトルック等、共有の予定表あれば、相手の空きに合わせて候補日時を挙げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました