マルチ商法の信者になってしまう人の特徴

もう15年以上前ですが、マルチ商法(ニューウェイズ)に誘われ、セミナーなるものに行ったことがあります。

面白がって行ったのですが、思ったより宗教っぽい雰囲気でヤバさを感じたので、早々に脱出した記憶があります。

会場まで相乗りを勧められたけど、断固自分の車で1人で行ってよかった。リスク管理って大事です。

で、当時入信していて私を勧誘してきた2人は、今も会社の同僚です。(もう辞めたみたいですが)

この2人、申し訳ないのですが「仕事のできない人」です。

疑問を持てない

詐欺もそうなのでしょうが、マルチ商法みたいなオイシイ話なんて簡単にあるはずなく「あやしい」と思えれば、その時点で引っかかることはないです。

逆に引っかかる人は「あやしい」と思うことが出来てないです。

  • リスク無く簡単に儲かる
  • 真に環境に良いシャンプーとか作ってるのはニューウェイズだけ
  • 私(講師の人)は車をもらった
  • これはマルチ商法ではありません

といったセミナーの内容を、皆さんニコニコ頷きながら聞いてます。

自信満々に言われていることもあり、ホントに正しいのか?といった疑問を持てないようでした。

「疑問→仮説→検証」の経験値が得られない

自分で疑問を持ち→自分で回答を考え→自分で答え合わせ。

もし間違いあれば、なぜ違うか?どこが違うか?の疑問から、仮説&検証を繰り返す。

この過程で得た知識は、忘れにくいし応用もできます。

それに、大抵の課題は、このサイクルで解決策を導き出すことになります。

そのスタートとなる「疑問」を持てないと、仕事の多くの場面において「指示されないと何もできない」ということになってきます。

指示通りに動いていても、

  • 些細な障壁でも対処できない
  • 他の人に違うことを言われることで迷走する
  • 少しずつ目的や本筋から外れた作業になる

といった感じで、仕事のゴールにたどり着きません。

途中報告を聞いた上司もウンザリしてきて、「仕事のできない人」として認識されます。

日頃から疑問を持つ癖をつける

疑問を持つより信じる方がラクです。

ラクじゃないことを癖なつけるためには、筋トレのように繰り返して身につけるしかないです。

まずは「今あるものと比較する」ことから始めるのが良いと思います。

例えば「これはマルチ商法ではありません」に対し、

「じゃあ他のマルチ商法と何がちがうのか」(疑問)

「実は他のマルチ商法と変わらないのではないか」(仮説)

ググってみる(検証)

といった感じです。

断れない

もうひとつマルチ商法の信者になっしまう要因で考えられるのが、「断れない」です。

入社1~2年目くらいのときに会社の先輩に誘われ、断りにくいこともあり足を踏み入れてしまったようです。

そりゃ断りにくいですよね。その先輩のズルさも伺えます。

断れなかったことを身近な人に相談する

断るのが苦手な人は、私と違ってとても優しい人なのだと思います。そこに相手が先輩とかだと、パワハラ的な要素も加わり断れないことに繋がります。

そういった場合は、素直に信頼できる人に相談してしまうのが効果的です。第3者の視点や意見は参考になるし、場合によっては助けてもらったりできたりしますので。

仕事においても、できない依頼を断れずに受けてしまうのは、結果的に不誠実なことにもなりかねません。

必要なことは断る。

「上司に相談してから返事します」でも良いと思います。

マルチ商法に気をつけましょう

という話でした。

意外と近いところに信者が居たことに驚いた記憶です。

いつ自分が勧誘されるかわかりませんので、「疑う」「断る」のスキルは仕事の面でも身に付けておきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました