ブラウザを使わずにSharePointをエクスプローラーで開く方法

SharePointやOneDriveが職場に強制導入されまして、これまで使っていたネットワークドライブは2ヶ月後に消去するとのこと。

仕方なしに移行しているのですが、個人的には標題の『ブラウザを使わないでファイルを扱う』のが必須でして、意外とググってもヒットしなかったので備忘録です。

①.OneDriveをインストール&ログイン

最近のWindowsパソコンならプリインストールされてますかね。

OneDriveをパソコン起動と共に自動起動するようにしておいた方が便利。

インストールしてない場合はこちら

ログイン後、エクスプローラーを開く。(Windowsキー + E)

左のツリーにOneDriveが表示されれば準備okです。

引用元:Microsoftサポート

②.SharePointのショートカットをエクスプローラーに追加

・共有されたSharePointをブラウザで開く。

・『OneDrive へのショートカットの追加』をクリックする。

引用元:iPentec

③.エクスプローラーで開けるようになっている

・再度、エクスプローラーを開く。(Windowsキー + E)

・OneDriveフォルダからSharePointを開ける。(ショートカットが作成されている)

引用元:ART-BREAK TECH BLOG

・デスクトップや任意フォルダへ『右ドラッグでショートカットを作成』しておく。

・特によく使うフォルダやデータは『タスクバーにピン留め

これで従来のネットワークドライブと同様に、エクスプローラーでファイル操作できます。読み書きどちらも可能です。

他者から共有されたOneDriveデータも同様の対応でエクスプローラーから開けます。

同期でも良いのですが、データ量が多いと重くなるので、こっちが便利です。

その他、従来のネットワークドライブでの使用感を再現するため設定を↓に挙げましたので参考です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました