小学生が「家に帰ったらやること」リスト

小2の長男向けにタイトル通りのTodoリストを作りました。

1アクションごとのタスクに分解し、やる順番で上から並べてます。

毎週日付を更新してから印刷して渡し、日々帰って完了できたら鉛筆で○を記入です。

背景

うちの長男ちゃんはゲーム大好きっ子でして、学校から帰ってきたらSwitchスマブラをやりたくて仕方ないのですが、

我が家でゲームは「やることを終わらせてから」というルールになってます。

なのですが、

うっかり者の長男は何かしら忘れてゲームを始めてしまい、パパやママから「あれやったの?これやったの?」と指摘されては逆ギレしたり、、

何となく手をつけるのが億劫で暗くなるまで放置してゲームする時間が無くなってしまってはギャン泣きしたり、、

と親子双方イライラな感じになることが頻発してしまいまして、改善のために作ってみました。

効果

自分から毎日このリストに○付けながら、やることに取り組んでくれてます。

このリスト導入前より、本人もやりやすそうで、やり忘れは減りつつ完了までの時間も早くなっている感じです。

改めて並べてみると17個もタスクがあり、まだ小2の長男が困惑してしまっていたのかもしれません。

何となくやることが多数あると、

気が重かったりとか、

どれから手を付けようか悩んでしまったりとか、

1個くらいはシンプルにやり忘れたりとか、

大人でもありますよね。

ルーチンに対してTodoリストが有効なのは小学生でも同じでした。

まだやれてない項目まで漫然と勢いで○してしまう場合があるのも、大人と一緒ですかね。

「全部○ついてるけど鉛筆ちゃんと削った?」

「あっ、すぐ削ってくる」

「終わってから○つけるようにしてねー」

といったやり取りも何度か繰り返してますが、そのうち減ってくると良いかなーと思いつつ、しばらく様子見していきます。

効率化家庭
じゅんきちをフォローする
Business hack -ビジネスハック-

コメント

タイトルとURLをコピーしました